POTALA COLLEGE

བཀྲ་ཤིས་བདེ་ལེགས། タシーデレチベット語で「こんにちは」
ようこそ、ポタラ・カレッジへ

チベット仏教普及協会(愛称:ポタラ・カレッジ)は、ダライ・ラマ法王直系の正統なチベット仏教を学び実修する拠点として設立された、日本で最初の本格的なチベット仏教の団体です。
このホームページは、チベット仏教普及協会の公式サイトです。本会が主催する定期講習や集中講座の御案内、高僧による灌頂や伝授のお知らせ、出版物の御紹介などを行ないます。



新着情報

10/22 大阪特別講習「秘密集会の概要」 2016.8.31掲載

「グヒヤサマージャ(秘密集会)」の位置づけや特徴、大灌頂を受法する際の心構えなどについて説明します。会場は、ポタラ・カレッジ大阪教室(應典院)です。クンチョック・シタル担当。詳しくは、こちらを御覧ください。

10/16 秋の特別講習「忿怒金剛手の成就法」 2016.8.31掲載

許可灌頂の受者を主な対象に、ダクポ・スムディル(忿怒金剛手)の成就法を解説します。詳しくは、こちらを御覧ください。

10/9・10 秋季集中講座「チベット語法話の聞き取り」 2016.8.24掲載

ダライ・ラマ法王猊下の御法話の音声を教材とし、そのフレーズを文法的に解説して、ヒアリングの練習をします。仏教用語や法話での言い回しに慣れ、ラマの説法を聞き取れるようになることを目指します。ガワン・ウースン担当。詳しくは、こちらを御覧ください。

9/19・22 初秋の集中講座「ナーロー六法Ⅲ」 2016.8.24掲載

ツォンカパ大師の『甚深道ナーロー六法・三信具足』をダライ・ラマ十四世法王が伝授した際の講伝録をもとに、チャンダリー、幻身、光明、ポワ、トンジュク、中有という六種の秘訣について考察。今回から、いよいよ究竟次第の内容へ入ります。ゲシェー・ソナム・ギャルツェン担当。詳しくは、こちらを御覧ください。

「入菩薩行論」和訳本の頒布 2016.5.25掲載

入菩薩行論

ダライ・ラマ法王猊下の来日御法話のテーマとなった『入菩薩行論』の和訳図書を、ポタラ・カレッジで頒布しています。こちらを御覧ください。
法話会場で配付された日本語テキストは、この図書の内容の一部を、翻訳者と本会の了承を得て複写・製本したものです。

4/20~ 春からの定期講習 2016.4.9掲載

東京センターと大阪教室の定期講習が、4月下旬から始まります。
詳しい情報は、こちらのページを御覧ください。

今回の新規開講コースは、次の6科目です。
科目名をクリック(タップ)すると、詳しい説明が表示されます。

ナーガールジュナ「宝行王正論」の解説

仏教の教理・実践の全体像を概観しつつ中観思想の理解を深めてゆける内容で、本格的な学修のための入門とも位置づけられる教えです。土曜 午後5時~

「ブッダパーリタ註」の解説

『中論』の真意を最も正しく解釈している中観帰謬論証派の見解は、この『ブッダパーリタ註』によって確立されたものです。中観哲学に関心のある方へお奨め! 木曜 午後6時30分~

瞑想教室 ラムツォ・ナムスム(道の三要訣)

簡単な瞑想の実修を通じ、出離・菩提心・正見という三つの要点から顕密共通の大乗仏教の基本を習得できます。日曜 午後3時15分~

前行道場 グルヨーガ

ゲルク派宗祖ツォンカパ大師を観じて加持を得るグルヨーガの行法を、経験豊富なゲシェー・ソナム・ギャルツェン師が実践指導します。日曜 午後5時~

「クンサン・ラメー・シェルン」の講読

ゾクチェン前行の入門書を正確に読み解きます。豊富なたとえ話で顕密共通の道次第を説いている点が特色。通信受講専用コース

チベット仏教入門 ユンテン・シルキュルマ

チベット仏教の教理・実践の総合体系「ラムリム」を、ツォンカパ大師が読誦用に短くにまとめた教えです。平日の午後に月一回のペースで学ぶ、初心者向けの講習。第4木曜 午後2時30分~

サイト全面リニューアル 2016.4.8掲載

このたび、本会の公式サイトを、御覧のとおり全面リニューアルしました。
旧サイトでは、リアルタイムでの更新が難しく、御不便をかけてしまったと思います。申し訳ありませんでした。
今後は、新しい情報を速やかにアップしてゆきますので、是非頻繁にチェックしてください。
とりあえず現在は、講習など行事の御案内を中心に、必要最低限のコンテンツを掲載しております。これから少しづつ、参考になる読み物のページなども増やしてゆく予定です。
ポタラ・カレッジのリニューアルサイト、どうか御期待ください。よろしくお願いいたします!



auto-IJQW0g.jpg 教理の説明が豊富なポタラ関連サイト。左のバナーで開きます。

a:12641 t:31 y:82