【2020年3月27日最終更新】

新型コロナウイルス対策のための特設ページ

会員・受講者の皆様
 3月26日(木)に、新型コロナウイルス対策の臨時役員会を実施しました。ポタラ・カレッジ講師陣は、引き続き皆元気ですから、どうか御安心ください。
 国内に於けるウイルスの流行が一層厳しい状況となり、25日には東京都知事が「今の状況を感染爆発の重大局面ととらえ、この認識を共有したい」と述べ、できるだけ外出を控えるように要請しています。それらのことを踏まえ、26日の臨時役員会では次の4点を決めました。1.3月29日から再開する東京センターの定期講習を全て通信受講で実施する。2.来期の東京センター定期講習は5月18日(月)から開講する。3.3月の大阪教室は一旦中止して5月に延期する。4.4月の定例法要は中止する
 詳しくは、以下の各項をお読みください。

1.東京センターの現行定期講習 NEW!

 東京センターの定期講習は3月1日(日)から28日(土)まで4週間臨時休講し、3月29日(日)から再開することになっております。上記のとおり状況は厳しさを増しているので、29日から再開する定期講習は全て通信受講方式で実施します。そのまま引き続き、臨時休講となった4週間分の補講を、4月1日(水)から28日(火)までの4週間で行ないます。
 まとめると、3月29日(日)から4月28日(火)まで、全科目通信受講により講義を行ない、今期の定期講習を完了するということです。
 但し、もし途中で状況が好転したときは、出席方式に切り替えます。その場合も、全科目で通信受講も併用できるようにしますから、健康状態に不安があるときは通信受講なさってください。
 出席方式への切り替えなど最新情報は、いま御覧の特設ページ、及びトップページ新着情報」欄に掲載します。郵送やメールによる一斉連絡は致しませんので、必要に応じてこのサイトを御覧ください。不明な点は、メール(info@potala.jp)にてお問い合わせいただければ、個別にお答えします。
※ 通信受講の方法
A. 今まで既に通信受講されている方・・・
① CDの場合は、そのままのやり方で続行します。
② USBメモリの場合は、当方へ郵送していただく宛先が臨時に変更となるので、お手数ですがメールでお問い合わせくださるようお願いします(info@ptala.jp)。
③ ICレコーダの場合、受講している科目の講師が1人なら、そのままで大丈夫です。講師が複数の場合は、個別にメールで御相談ください。
B.今まで出席されていた方・・・
① CD-Rディスクに2週間分のMP3音声データを入れ、配付資料とともに、4月半ばと4月末の2回郵送します(MP3は汎用性の高い音声データで、パソコンや多くのCDプレーヤーで再生可能です。但し、音楽用のCDとはデータ形式が異なるため、一部のCDプレーヤーでは再生できないこともあります)。
② 御自分で用意したUSBメモリを当方へ郵送していただき、それにMP3音声データを入れて、配付資料とともに返送することもできます。その場合、当方の宛先が臨時に変更となるため、4月上旬までにメールでお問い合わせください(info@ptala.jp)。
③ 上記2つの方法で対応しにくい方は、4月上旬までにメールで御相談ください。なるべく個々の御事情に配慮し、柔軟に対応したいと思いますので、遠慮なくおっしゃってください。

2.東京センターの来期定期講習 NEW!

 連休明けの5月18日(月)から開講する予定です。9月末までの講義回数が多少減るため、受講費を通常より減額します。
 来期の定期講習については、案内書・申込書を配付・郵送するとともに、このサイトにも専用ページを立ち上げて御案内します。チベット語入門コースもスタートします!

3.大阪教室の定期講習 NEW!

 3月の大阪教室は、日程変更して3月29日(日)に実施予定でしたが、新型コロナウイルスの流行状況が一層悪化しているため、一旦中止して5月末に延期します
 それに伴い、来期の大阪教室は、6月から9月までの4回とします。
 今回の新型コロナウイルスの件と、別途会場変更の予定があるため、延期後の5月の実施日、及び来期のことは改めてお知らせします。決まり次第、この特設ページ、及びトップページ新着情報」欄に情報をアップします。

4.東京センターの集中講座

 2月23日(日・祝)・24日に予定されていた「上師供養儀軌解説Ⅳ」の2日めと3日めの講義、及び3月下旬と4月に予定されている「上師供養儀軌解説Ⅴ」と「量評釈第一品の要点」(インターネットでは未発表)は、ゴールデンウィークの連休、及びそれ以降の機会に実施できるように検討します。この特設ページや「特別講習・集中講座」のページ等でお知らせします。

5.東京センターの法要 NEW!

 4月26日(日)の「定例法要」は、残念ですが中止と致します。

トップページ

a:983 t:29 y:64